写真入り年賀状(街のカメラやさん年賀状センター)

写真タイプの年賀状は写真専門店にお任せください!

  1. Home
  2. 価格
写真年賀状イメージ


「年賀状を安く済ませたい」 こんな悩みを抱えている方もいるかと思います。 節約したい・沢山年賀状を送りたい方など、節約できたら嬉しいですよね。 とはいえ、実際に安く済ませる方法が分かりずらいのが現実です。 この記事では、写真年賀状を安く済ませる方法について解説していきます。 具体的には、以下の内容で紹介していきます。 ・【料金別】年賀状の作成方法 ・【料金別】年賀状の印刷種類 ・安い年賀状でも満足に!上手に節約する方法4選 写真年賀状で節約できる方法が分かると思うので、最後まで読んで頂けると幸いです。

【料金別】年賀状の作成方法

今まで年賀状の作成といえば、自作がほとんどでしたが、ネット注文やアプリを使った作成方法が登場してきました。 それぞれの作成方法によって値段も違ってきます。 主な年賀状の作成方法は以下のとおりです。 ・自作 ・ネット注文 ・アプリ ここでは、各作成方法について紹介しています。  

自作

年賀はがきを自作すると簡単に安く作ることができます。 100円ショップにはシールやハンコなどがあるので、ネットが苦手な方でも比較的安く作ることができます。 また、お子さんと一緒に作ることができるのも魅力的ですよね。 年賀はがきは1枚63円ですが、金券ショップやネットオークションなどでは更に安く手に入ることができます。  

ネット注文

ネット注文は 作るのが楽だということ・ 専用機械があるので出来上がりが綺麗ということが特徴的。 こだわりがあれば、その分料金が高くなってしまうので安く済ませたい方には向いていないかもしれません。 しかし、自作やアプリより綺麗で理想的な年賀状ができるので、そんな方におすすめ。 また、忙しい時には代わりに年賀状を出してくれるサービスもあるのが魅力的です。  

アプリ

年賀状を作ることができるアプリでは、 ・安さ ・速さ ・デザイン など、サービス内容が異なるので自分の目的にあったアプリを選ぶことをおすすめします。 値段も安いのが多い半面で、実物をみながら作ったり質問などができないデメリットも忘れてはいけません。

【料金別】年賀状の印刷種類

実際に年賀状の作成方法が決まっても、印刷の種類によっては値段が大きく変わってしまいます。 ここでは、各年賀状の印刷種類について解説していきます。 具体的には、以下の内容で紹介していきます。 ・写真貼りつけタイプ ・写真印刷タイプ ・写真なし印刷タイプ  

年賀状の種類①:写真貼りつけタイプ

年賀状の種類の中でも1番費用がかかるのが、写真貼りつけタイプです。 写真貼りつけタイプでは、画質や貼り付けを綺麗に仕上げなければいけない分コストがかかってしまうようです。 とはいえ、お気に入りの写真を貼り付けることができるので、完成は高画質です。 お子さんの成長など、見てほしい方などにはおすすめです。  

年賀状の種類②:写真印刷タイプ

写真印刷タイプは写真貼りつけタイプに比べてコストは抑えられますが、画質が落ちます。 写真印刷タイプは、家庭のプリンターで作ることができるので、すぐ手に入ることがメリット。 プリンターがある家庭にはおすすめです。  

年賀状の種類③:写真なし印刷タイプ

写真なし印刷タイプは1番費用を抑えることができます。 あまり、年賀状を作り込まない方に多く選ばれています。 写真なし印刷タイプでは、元々絵柄などが印刷されているので手間もかからないのもメリット。 他に比べて完成度は下がりますが、費用を最低限に抑えたい・手間をかけたくない方におすすめです。

安い年賀状でも満足に!上手に節約する方法4選

ここまで、年賀状の作成方法・印刷の種類について解説してきました。 とはいえ、費用を安く抑えたくても年賀状の完成度も上げたい方もいると思います。 ここでは、年賀状を作成する際の節約方法について解説していきます。 具体的には、以下の内容で紹介していきます。 ・送り先を整理する ・印刷タイプを変える ・年賀ハガキを安く購入する ・安い写真年賀状専門店を検討する  

安い年賀状を送る方法①送り先を整理する

送り先を整理することが一番節約になります。 年賀状の送り先が多かったり、 何となく送っている相手はいませんか? 送り先相手を1度冷静に考えてリスト化すると、減らせるかもしれません。 1度送らなくなると翌年も節約になるのでおすすめ。  

安い年賀状を送る方法②印刷タイプを変える

人によって印刷タイプを変えることも節約になります。 手間がかかるからと、全ての人に写真印刷タイプの年賀状を送っていないですか? 手間はかかるかもしれませんが、写真なし印刷タイプで費用を節約しましょう。 それが嫌な場合は、写真印刷タイプの人以外の人には年賀状を送らない方がいいかもしれません。  

安い年賀状を送る方法③年賀ハガキを安く購入する

年賀状ハガキは年々値段が上がっています。 1枚数十円と考えるかもしれませんが、毎年十数枚送る人にとっては負担が大きくなります。 年賀状ハガキは、金券ショップやオークションなどで購入することで通常より安く買うことができます。 事前に情報収集しておきましょう。  

安い年賀状を送る方法④安い写真年賀状専門店を検討する

自宅にプリンターがあっても大量に印刷する場合は、インク代が高くなってしまいます。 また、大手ネット販売でも信頼性やブランド力があることから高くなる場合もあります それに比べて写真年賀状専門店では、1枚から安いですし印刷から任せられるのでインク代の心配もありません。 その他にも、1対1で対応をしてくれる専門店もあるので分からないことがあっても安心ですよね。 街のカメラ屋さんでは、高画質写真仕上げでも1枚24円からでお得に写真年賀状を作ることができます。 また、大手のカメラのキタムラやLAWSONなどと違い、1対1で親身になって相談など対応してくれるので安心です。 1度検討して見てはいかがでしょうか?


PAGE TOP