写真入り年賀状(街のカメラやさん年賀状センター)

写真タイプの年賀状は写真専門店にお任せください!

  1. Home
  2. 価格
写真年賀状イメージ

「年賀状っていつまでに出せばいいのか?」 意外と知らない方も多いと思います。 年末は忙しいので年賀状を出すことを忘れてしまいがちですよね。 その他にも、販売期間や返事の期間など、年賀状について意外と知らない方も多いと思います。 この記事では、そんな悩みを解決していきます。 具体的には、以下の内容で紹介していきます。 ・2019年の年賀状はいつまでに出せば届くのか? ・年賀状の返事はいつまでに? ・年賀状の販売先・販売時期 ・どうしても忙しい場合は年賀状の外注を検討 遅れずに年賀状を出すことができるようになるので、最後まで読んでいただけると幸いです。

2019年の年賀状はいつまでに出せば届くのか?【結論:12月25日】

「2019年の年賀状はいつまでに出せば届くのか?」こんな疑問を持っている方も多いと思います。 結論から言うと、年賀状を元日に届けたい場合は、12月25日(火)までに投函すれば問題ないです。 しかし、日本郵便では12月26日(水)以降では、12月28日(金)までに投函された年賀状もできる限り元旦にお届けできるよう取り組むとされています。 ですが、「年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦に届けられない場合があります」ともされているので、確実に元日で届けたい場合は12月25日(火)までに投函しましょう。 とはいえ、12月25日(火)ギリギリになると急用ができた時に投函できなくなるので、早めに準備が必要。 因みに、年賀状の投函開始期間は12月15日(土)からなので注意が必要。 早すぎてもダメなので、元日に届けたい場合には12月15日(土)〜12月25日(火)に投函しましましょう。

年賀状の返事は1月7日までなら大丈夫!

年賀状を出さなかった人から年賀状が来た場合、1月7日(月)まで投函しましょう。 日本郵便によれば、1月7日(月)まで投函すれば年賀状扱いになります。 逆に、1月8日以降だと年賀状ハガキに消印が押されてしまうので使えなくなってしまいます。 因みに、今年の年賀状の返事は1月4日(金)までに投函することがおすすめ。 1月7日(月)に投函しても間に合うのですが、 ほとんどが仕事始めなのでお正月の気分では無くなっています。 できるかぎり、今年の年賀状の返事は1月4日(金)までに投函しましょう。

年賀状の販売時期

年賀状の販売時期は、11月1日(日)〜1月11日(金)までとなっています。 買うのが遅れると、売り切れる可能性もあるので早めに準備しておきましょう。 因みに、2019年の年賀状は、東京2020大会寄附金付き年賀はがきのみが10月1日(月)から販売されます。東京2020大会年賀はがきは1枚67円で大会の寄附金5円が上乗せされています。 そんな中「街のカメラやさん」では、年賀状を値下げしました。最安24円と安くなっているので、検討してみてはいかがでしょうか? 街のカメラやさんの販売ページURL

年賀状の販売先

意外と売っている所が少ない年賀状ハガキ。 ここでは、年賀状の販売先について紹介していきます。 具体的には、以下の5点です。 ・郵便局 ・コンビニエンスストア ・家電量販店 ・金券ショップ ・年賀状専門店  

年賀状の販売先①:郵便局

年賀状の販売先として最初に思い浮かぶのが郵便局なのではないでしょうか。 多種・大量の年賀ハガキが用意されているので沢山使う人におすすめ。  

年賀状の販売先②:コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでも、年賀ハガキは売っています。 店舗数や24時間販売なので比較的手に入りやすいのがメリットではないでしょうか。 しかし、販売枚数が少ないので売り切れることもしばしばあります。  

年賀状の販売先③:家電量販店

家電量販店でも、年賀ハガキが買うことができます。 家電量販店では、ポイントが溜まりやすいのでお得に買うことができるのがメリット。 年賀状印刷がある家電量販店が多いので、購入から印刷までまとめて行いたい方におすすめです。  

年賀状の販売先④:金券ショップ

意外に知られていないのが、金券ショップでも年賀ハガキが買えるということ。 金券ショップでは、通常の値段よりか5円ほど安く買うことができるので、まとめて沢山買う方におすすめです。  

年賀状の販売先⑤:年賀状専門店

クレジットカードを使うことができポイントもたまるのでお得に購入するういことができます。 その中でも「街のカメラ屋さん」では、1枚最安で24円で購入することができます。 また、1対1で親身に相談などに乗ってくれるので安心です。 是非、検討してみてはいかがでしょうか。 街のカメラやさんの販売ページURL

どうしても忙しい場合は年賀状の外注を検討

年末はどうしても仕事が忙しくなる時期です。 年賀状ハガキの内容や書くにしても時間がかかってしまいます。 そんな時は、年賀状ハガキの外注を検討しましょう。 年賀状ハガキの作成から発送まで全て行ってくれるのでおすすめです。

まとめ:

ここまで、年賀状はいつまでに送ればいいのかについて紹介してきました。 2019年の年賀状は12月15日(土)〜12月25日(火)までに投函すれば問題ないです。 12月26日(水)以降では、12月28日(金)までの投函でも届く場合がありますが、保証はないので早めに投函することをおすすめします。 年賀状の販売先は、以下の5点がありましたね。 ・郵便局 ・コンビニエンスストア ・家電量販店 ・金券ショップ ・年賀状専門店 年賀状専門店では、「街のカメラ屋さん」がおすすめなので検討してみてはいかがでしょうか?


PAGE TOP